1pt2mi_201022.jpg

コミュニティコンポスト

logo_only_title_bg_white-24.png

あなたのためのコミュニティコンポスト
千駄ヶ谷 1期、始まります。

応募期間 : 2021.09.01 - 2021.09.20

開催期間 : 2021.10.01 - 2022.03.31

1.2マイル、シアワセの輪
わたしたちは日々の生活の中で、さまざまなごみを出しています。
では、どれだけの人がそのごみの行方を知っているでしょうか。
生ごみは家庭で最も出るごみです。
その生ごみを資源に変えることもできます。
しかし、ほんの少しの努力で、
日本では、経済成長のさなか効率の名の下に、
地域とのつながりや、生き物とのつながり、自然のつながりなど、
多くのつながりを断ってきました。
改めて多様なつながりを実感してみませんか。
こんな時代だからこそ、
そして、ごみを資源にする取り組みをしていながら
忘れかけていた「つながり」を体感することができたら、素敵ではありませんか。
そのつながりを強く実感できる距離を1.2 mile(2km)と定義し、
新たな拠点で始まる "1.2 mile community compost" 
の会員募集を開始します。
この取り組みを通じて、
失われかけている大切なつながりが紡がれていくこと願っています。
p0113_l.jpeg

みんなでコンポストを育てる

半径1.2マイル、コンポストを持ち寄って
家庭でコンポスト2_アートボード 1.png

家庭で出た生ごみをコンポスト

いつもなら生ごみになる

野菜のヘタや皮などを

専用のバッグで分解します

持参-03.png

コミュニティコンポストで管理

ご家庭でつくったコンポストは
拠点にある大きな木枠へ
​メンバーで共同管理

土テイクアウト-05.png

都市での堆肥の活用方法を模索

完成した土をどのように使うか
コミュニティでアイデアを出し
​実践をすることができます

土でつながる、新しいコミュニティ

コンポストに関するレクチャー

レクチャー-06.png

半年をかけてコンポストへの
理解を深めることができます

ワークショップ-07.png

関連のテーマでワークショップ

メンバーの提案や企画をもとに

イベントやワークショップを

オーガナイズします

多様性2-11.png

多様性との出会い

個性的なメンバーによる​

有機的な交流を通じて

​新しい知見を共有できます

活動の様子

表参道
2020.08.01 ~ 2021.01.31
2021.02.01 ~ 2021.07.31
c45e26c2d922109eacb38c5e754141a6c_462069
  • Instagram

コンポストについて

LFCコンポストバッグについて
comp_itemph_2.jpg

ローカルフードサイクリング株式会社様の、バッグ型のコンポストセットを使用していただきます。

このコンポストバッグは、都市でのコンポストを想定し、小さくスタイリッシュで、環境にも配慮しています。バッグのほかにも、コンポストでの悩みの一つである「臭い」の発生しにくい独自の基材(分解を促進さるための素材がゴールデン比率で配合されている土)など、徹底的に都市型コンポストとしてのデザインが施されています。

101543760_1538510099656041_7971019595509

ローカルフードサイクリング株式会社(福岡県福岡市東区)

新たに現代の暮らしにマッチした、家庭の生ごみをなくすことができるLFCコンポストの発売。NPO法人循環生活研究所における22年間の研究の成果がつまった、 都会型コンポストの知見をもとにコンポストアドバイザーとして協力。

コミュニティ拠点について

コンポストの持参について
拠点となる指定場所へ持参をいただきます。
各家庭で作られたコンポストは、
コンポストを持参いただくタイミングは自由です。
他のメンバーと持参のタイミングが重なることもございます。
偶然の出会いを大切に。
※回収場所ではありませんのでご注意ください
<場所>
きっともっと保育園 千駄ヶ谷
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目25-11
JR線 千駄ヶ谷駅 徒歩5分
東京メトロ 北参道駅 徒歩5分

https://kittomotto.kawai-juku.ac.jp/
未来の種をまいてみませんか?
未来の子どもたちが育つ場所で生ごみの循環を体現することで、
文字の通り、未来への種をまいていきます。
保育園を中心に地域のコミュニティが強くなることによって
子どもたちが安心してスクスクと成長できるまちへ。
p0113_l.jpeg

私のためが、誰かのために

1. 家庭ごみの削減
家庭ごみの中でも最も多い生ごみを、手軽に楽しく、確実に減らすことができます。
​2. 土の有効活用
土の有効活用をコミュニティで考えます。
家庭でのコンポスト後、
コミュニティでの活用や地域との連携を模索しましょう。
3. 信頼のある野菜の栽培
生ごみから土へ還る過程を見ることができるからこそ、身近なところで使いたくなります。
4. つながりを体感
自然のサイクル、人とのつながりを実感できます。
5. 環境保全に貢献
半径​1.2マイル内でごみの資源化が完結するため、ごみの地産地消ができます。
運搬時や焼却時の排出CO2の削減につながります。
6. 食や農業の教育
家庭でのコンポストが地域と繋がり、家庭に戻ってくる。
楽しみながら学ぶ体験型の教材となります。

応募について

下記の詳細をご確認の上、応募フォームへとお進みください。

​応募数により、抽選とさせていただくことがございます。

大変恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。

応募期間 : 2021.09.01 - 2021.09.20

開催期間 : 2021.10.01 - 2022.03.31

logo_only_title_bg_white-24.png

開催概要

期間:6ヶ月間(2021.10.01 ー 2022.03.31)

場所:きっともっと保育園(東京都渋谷区千駄ヶ谷)

定員:50人

入会金:税込 3,000円 / 期(参加決定後、振込にて)

運営費:税込 550円 / 月(オンラインにて)

基材費:初回(税込 3,278円)、2回目以降(税込 1,848円)

※定期購入の場合

お申し込み後のご案内をお待ちください

 ※まだバッグをお持ちでない方は、

活動内容

有効活用の可能性を考えます。

各家庭で出た生ごみで作ったコンポストを共同で管理、

コンポストにはLFCの専用バッグを使うことで、手軽に取り組んでいただけます。

期間中は、持続可能性や環境をテーマに

メンバー同士で、気楽で自然発生的な交流を楽しんでください。

イベントなどを企画いたします。

参加するメリット

コンポストを無理なく実践することができます。

生ごみが土に還る過程を、だれかと見届けることができます。

多様で魅力的な人間関係に出会います。

自然などについて考えることができます。

イベントを通して、土や野菜、

参加にあたっての最低条件

拠点のある場所が生活圏に含まれていること

LFCコンポストバッグを使うこと

定期的にコンポストを持参すること

協力

ローカルフードサイクリング株式会社

学校法人河合塾

企画・運営